バイク免許の講習のポイント


バイクの免許を取得する時に受ける技能講習では1時限たりとも無駄な講習はありません。
もちろんこれは自動車免許を取得する場合の技能講習でも同様で、自動車、二輪車ともに受講をしなければならない技能講習というのは最低時限が提示をされている訳ですので、どの時間も気を緩めることなく真剣に取り組まなければなりません。

特にバイクの技能講習では、実際にバイクに乗っての技能講習ということになりますので、運転に慣れていない場合などには、バランスを崩したり
して倒れてしまう事もありますし、ミッション車の場合には上手くクラッチ操作ができない時にはエンストを起こしてしまいます。

自動車の技能講習の場合に用いられる教習車というのは、助手席に座る教官の足元にもブレーキが設置されているという特別車を使用しています。
このため、受講者が危険な運転をした場合などには教官がブレーキを踏むことにより、危機を回避する事ができますが、バイクの場合にはそのような助手席のブレーキはありません。
そして身体の全体が外部にでているという状態での運転ですので、運転操作のミスによる転倒などにより、ケガをする場合もあります。
そのようなケガの防止のために、バイクの免許を取得する技能講習の場では、夏場でも長袖長ズボンを着用、ヘルメットの着用、そしてひざなどにはプロテクタの
着用が義務付けられています。

そんなバイクの技能講習の中でもポイントといえるのが、8の字走行と一本橋走行です。
内容はどちらも字の如く、バイクで8の字を書くように運転をする事と、幅の短い一本橋を走行するという事です。

どちらもバイクの免許を取得する人達には「難しい講習」として知られている内容ですが、これができなければ免許を取得する事はできませんので、
しっかりとコツを掴んでクリアしてもらいたい技能講習です。

こうした技能講習を効率よくプログラムされているのが、合宿免許です。
合宿免許は短期間で免許が取得できるというメリットがよく知られていますが、連日バイクに乗る事で、身体がバイクを運転するという事に慣れていく、
バイクの運転の感覚を忘れないうちに、次の段階に進むことができるという大きなメリットもあるのです。