自動車学校で取得できる免許の種類


自動車学校で講習を受けられる免許の種類というのは、普通自動車免許だけでなく、多種多様な免許の所得のための講習が用意されています。

生活の中で、通勤、通学、日常生活で必要となるのは、普通自動車免許だけで十分と考えられますが、その普通自動車免許でもAT車限定、MT車と二つの種類がありますし、
それだけではなく、大型免許、中型免許、大型特殊免許、大型自動二輪免許、普通自動二輪免許、小型特殊免許、原付免許といった免許の種類があります。

大型免許、中型免許というとあまり馴染がなく、どのような車を運転するために必要なのか解らないという人もいるかもしれませんが、大型免許とは「車両総重量が11,000kg以上のもの」
「最大積載量が6,500kg以上のもの」「乗車定員が30人以上のもの」のいずれかひとつに当てはまる車両を運転するために必要な免許です。
また中型免許では「車両総重量が5,000kg以上11,000kg未満のもの」「最大積載量が3,000kg以上6,500kg未満のもの」「乗車定員が11人以上29人以下のもの」のいずれかひとつに当てはまる
車両を運転するために必要な免許です。

こうした大きな車両を提示されると、路線バス、市バス、または観光バスなどを思い浮かべますが、このように旅客を運送するための車両を運転するには、「第二種免許」という免許の種類が
それぞれに加わり必要となります。

つまり大型バスの観光バスを運転する場合には、「第二種大型免許」が必要となるという事です。

これは大型や中型の免許に限らず、タクシーのような普通車に関しても同様であり、タクシーなどを運転する場合には「第二種普通免許」が必要となるのです。

同じ普通免許、大型免許で何が違うのかと疑問を持ってしまいがちですが、簡単に説明をすると、運転をする人により利益を得る事ができる場合には、その車両の大きさにより「第二種免許」が
必要となると考えてもらえればわかり易いかと思います。

こうした第二種免許や大型免許、中型免許、大型特殊免許なども仕事により必要とする職種がたくさんありますので、こうした免許を取得する事で、就職先の幅が広がるというメリットもあり、
免許を取得しようと考えている人も大勢いらっしゃいます。

合宿免許のシステムを設けている自動車学校、教習所などでは普通免許だけではなくこうした免許をコースに設定している学校もたくさんありますので、
ご自身がこのような免許を必要とする場合には、こうした合宿免許での免許取得という選択肢のひとつとして考えみるとよいでしょう。