二輪免許の教習所


普通自動車免許を取得すれば、原付を運転する事も可能ですが、やはりバイク好きの人達にとっては物足りないはずで、二輪免許というのは
男性だけではなく、女性からも大きな支持を得ています。

二輪免許にもその運転をするバイクの大きさ、排気量により免許の種類は異なってきます。
排気量が50ccを超え、400cc以下の自動二輪車の場合には普通自働二輪免許、排気量が400ccを超える自動二輪車を運転する場合では大型自動二輪免許が必要となります。
そしてこの二輪免許にもAT車限定とMT車という二つの免許が存在をしています。
普通自動二輪車の場合では、規定の排気量内ならばAT車限定ではAT車のみ、MT車ではAT車、MT車の両方を運転する事ができますが、大型自動二輪免許の場合では、
AT車限定の場合では排気量は650CC以下という上限が定められています。

もしも、二輪免許を取得したからにはいつかハーレーに乗りたいと夢を抱いている人には、大型自動二輪免許の中でもMT車の免許を取得しなければなりません。
それは現在のところ、ハーレーにはAT車のラインナップがないからです。

そしてこうした二輪免許の取得にも合宿免許での講習が設定されている教習所はいくつもあります。

費用と必要な期間はその取得したい免許の書類により異なってきます。
それはもちろん、普通自動二輪免許と大型自動二輪免許では法令で定められている講義時間が異なってくるからですし、MT車とAT車限定でも講義時間は異なります。
また既に普通自動二輪免許を取得している人が、ひとランク上の大型自動二輪免許の取得をする場合と、普通自動二輪免許を取得していない人とでは講義時間に差が出てきますし、普通自動二輪免許も普通自動車免許も何も免許を持っていない人で、初めから大型自動二輪免許を取得しようとする人では、
その受講しなけばならない講習、受けなければならない試験も変わってくるからです。

ちなみに普通自動車免許を持ち、普通自動二輪MT車免許を取得している人が、ひとランク上の大型自動二輪免許のMT車の免許を取得するために合宿免許に参加をするという場合には、
最低日数として6日が提示され、料金としての目安は10万円~というのが平均的な日数と価格となっています。